わいわいフォーラム「鉄盟団」

その他の鉄道 => 日本の鉄道:鉄道ニュース => スレッド開設者: おろち より 9月 18, 2011, 04:45:34 午後



スレッド名: C56108解体決定!
投稿者: おろち より 9月 18, 2011, 04:45:34 午後
島根県雲南市木次町の旧木次町体育館横に保存されているC56108が近々解体される事になりました。C56108は新製時より一環して木次線木次機関区に配属され、無煙化以後一時浜田機関区を経て現在地に保存それておりました。長年国鉄OBの方々により保存整備をされておりましたが、一昨年保存経費のカットにより保存維持もされなくなり、野外での雨露に腐食がはげしくなり危険物と判断されたようです。鉄道の町木次を象徴し、後世に伝えなくてはならない遺産を消失させる事は非常に残念です。


スレッド名: Re:C56108解体決定!
投稿者: おろち より 9月 28, 2011, 01:46:42 午前
平成23年9月27日の雲南市議会にて、C56108の解体が正式に議決されました。
山陰中央新報(平成23年9月22付け)の記事です。


スレッド名: Re:C56108解体決定!
投稿者: おろち より 9月 28, 2011, 01:51:30 午前
新聞記事の解体理由については、雲南市の行政担当者からの解体理由をそののの記事にしてありました。
が、解体理由に幾分かの疑問をいだき関係者の方々に聞き取りをいたしました処、

1.アスベストの飛散について
  アスベストの飛散防止のため一時ブルーシートが掛けられておりましたが、平成5年に専門機関の調査により、内部の配管等にアスベストは使用されているものの、飛散はほとんど無いとの事ですぐさまブルーシートが撤去されました。

2.維持管理について
 これまで、維持管理をされていたボランティア(名称旧ちどり会・旧木次機関区出身者・現在の会員数約30名)の方々の高齢化による維持管理の不安とありますが、会員の方々の機関車に対する思い入れは人一倍強く、極端な高齢化でもな く十分維持管理は出来るとのお話でした。現在は保存蒸気機関車(近づけない)の 維持管理が出来なくなってしまったため、昨年このボランティアの会は残念ながら解散されたとの事でした。

3.外観上の腐食について
  平成5年にアスベト使用が確認された際に、行政(おそらく教育委員会担当者)よりこの機関車について維持管理をしないように(アスベストの健康被害を考慮しての事と思います)との事で、それ以後、維持管理に関する補助も打ち切られ、会員は全く手を出す事も出来ず、荒れ果てるのを見守るだけとの事で、決して維持管理が出来なくなったのではなく、行政より手を掛けるなとの指示により現在のように荒れ果てた姿になってしまったとの事でした。

4.地元よりの撤去要望について
  定期的に行われる市政懇談会(市行政当局と地域住民の懇談会)にて、地域のある方がより、美観上の問題などで撤去してほしいとの意見があったようで、地元自治会の総意として自治会長名により正式に要請したものではないようです。

5.保存に向けての対応
  行政当局内にて保存に向けて、撤去後の引取先として梅小路機関区や大井川鉄道への形式的な要請はしたようですが、地域住民への周知並びに保存に向けた意 見聴取などは全くされず、地域住民が解体を知ったのは、市議会教育民政委員会にて採決された以後に、噂として伝わったのが事実のようです。

6.関係者への了解について
  元ボランティアの方(元役員と思われる方1名)に解体の打診と了解を求めた処、その方は「早く解体してほしい!」との発言であった。ので解体に了解が得られたと認識しているようですが、その発言の真意はは、私たちが精魂込めて自分の子供のように可愛がって維持管理をして来た機関車が、維持管理もされず荒れ放題になっている姿を見て「可愛そう!」と思われての発言であったようです。その方は電話の向こうで泣いていらっしゃいました。

7.地域活性化への考慮について
  木次線にはご存知の通り奥出雲トロッコ列車おろち号が運転されており、多くの方々が遠路遙々乗車に来ています。乗車の方々は何らかの関係で鉄道ファンの リピーターの方々が多く、このトロッコ列車と保存蒸気機関車とは木次線の一部としてセットとして考えている方々も多いはずなのに、一方では乗車を勧誘しておきながら一方では解体と相反する行為であり、この保存蒸気機関車をトロッコ列車の乗車勧誘の起爆剤にしようという建設的意見は全く無く、ただ解体を前提とした協議しかされていなかった様に思われます。

 以上のように、新聞紙上の記事は行政(担当・雲南市教育委員会)からの説明をそのまま記事にしているようで、新聞紙上と実際には幾分の違いがあるようでした。
したがって、行政としてはもはや鉄道遺産ではなく鉄の固まりとして解体を前提とした、解体への理由付けだけにより付帯された理由で議会にて審議されたような気が致しております。併せて、議会もその真意を調査もせずに行政当局の説明を鵜呑みにして審議をされたような気が致しております。
 引いては、議会に提出された解体理由と現況に食い違いが在れば、まさしく行政事務局の議会軽視と行政の本分であるの民意を尊重する行政とはかけ離れた行為であり、議会としても行政事務局より提出されだ議案提出内容について真剣に精査して審議しているとは言えないのではないでしょうか。
 また、このような事が強行されれば全国各地で大切に保存されている静止蒸気機関車や動態も含めて、維持管理が出来なくなったり動態としての役目を終えた場合の解体の理由大きな既成事実となり得る危険性を含んでいると思います。


スレッド名: Re:C56108解体決定!
投稿者: ito より 9月 28, 2011, 07:12:31 午前
おろち 様

市議会教育民政委員会 ?

聞いた事無い組織だが、なんか取って付けた様な、天下り先バリバリみたいな所ですね。
”教育”と付くと完全左翼思想組織が三重県では一般的ですが島根も :'(
目的のためには手段を選ばず、理由はあとで付ければ良い的発想はモロ、

保存会に年間50万円出して清掃維持管理含めてやらせば安く付くし
地域の生きがいとかシンボル的にもいいのにねー
運転席に入れるイベントで入場料取って擬似運転体験なんてやらせて維持費を得ると言う
発想が出ない所が”お寒い”です。

残念!

アメリカなら十分裁判に持ち込める。



スレッド名: Re:C56108解体決定!
投稿者: おろち より 9月 28, 2011, 01:56:12 午後
ito様 ご意見を頂き有り難うございました。

>市議会教育民政委員会 ?

ご存じの通り、議会には本会議に上程する前にそれぞれの委員会にて審議され、委員会にての決議事項はほぼ本会議にて決議されます。
雲南市のC56108は旧国鉄より旧木次町へ無償貸与したもので、雲南市の財産目録には載っていませんでした。従って財産の管理をする、総務部管財課で担当されず、たらい回しにされ何故か教育委員会歴史資料収蔵センターの担当で対応されています。
つまり、教育委員会内の担当の為に教育全般を審議する教育民政委員会で審議されたようです。
元々、歴史資料収蔵センターとは遺跡の発掘と出土品の管理を行っている部署ですので、C56108も遺跡から発掘された土器の破片と同等の扱いしかされていません。(決して、歴史的出土品の土器を軽視している訳ではありません。)
行政としては、邪魔者は早く処理(解体)をしていまえとの考えでしょう。



スレッド名: Re:C56108解体決定!
投稿者: おろち より 11月 04, 2011, 09:46:39 午後
関係者の方々を説得して回っております。少しづつご理解をいただいております。
11月17日(木)に雲南市並びに市議会議長宛に陳情をする事となりました。
現在は保存活動に向けて、↓のC56108保存活動ブログを立ち上げて、情報を発信致しております。

http://ameblo.jp/c56108/

現在の活動としては、
①雲南市に対して予算執行の一時停止と保存並びに地域活性化への活用方に向けての協議の開催を陳情する。
②雲南市への保存要請メールの送信のお願い。
③保存を要請する署名活動。

すでに、地域住民が全く知らない間に予算が可決されておりますので、かなりの困難を極めるとは思いますが、何もしないよりは今出来る事を全力で悔い無いよう頑張ります。
どうか、皆様のご協力をお願い申し上げます。






スレッド名: Re:C56108解体決定!
投稿者: ito より 11月 06, 2011, 07:48:26 午前
 町の遺産を守る活動、ガンバッテください。

最終的には、行政を頼る事無く、
市民レベルでの保存活動が出来ると
良いと思います。

機関車を市から無償提供してもらい、
土地は市に駐車場代を払うなんていかがでしょう?
そうすればかなり自由な事が出来そうですが。


スレッド名: Re:C56108解体決定!
投稿者: おろち より 11月 07, 2011, 12:04:32 午前
ご声援を頂き有り難うございます。
今、関係者を説得して回っております。
昭和49年当時、保存に協力したライオンズクラブも当初は解体を容認しておりましたが、説得の結果
①解体理由にかなりの誤認があった。
②市民に全く開示されず、民意が反映されていない。
③現況を見る限り保存状態はよく、整備すれば保存は可能である。
④以前、我々が中心になって保存したのに、今の我々が解体を容認するのはおかしい。
等々の理由により、再度理事会にて協議する事になったそうです。

http://ameblo.jp/c56108/


スレッド名: Re:C56108解体決定!
投稿者: ito より 11月 07, 2011, 09:26:51 午後
>市民に全く開示されず、民意が反映されていない。

このごろ多いです ”全く開示されず” が、
教科書の選定にしてもイロイロ聞きますよ、この手の話を。

なにも言わなければ承認した事にされますからネ、あの手の連中は
情熱で悪はきっと退散します、聖なる使命を与えられた事に感謝いたしましょう。


スレッド名: Re:C56108解体決定!
投稿者: おろち より 11月 09, 2011, 12:01:50 午前
木次線では、7日~8日とラッセル車の試運転が行われました。
現在、木次駅の3番と4番が使用されておりません。ここへ移転整備保存すれば、トロッコとの並びになります。
夢のようなお話ですが、夢では終わらせたくないです。

http://ameblo.jp/c56108/


スレッド名: Re:C56108解体決定!
投稿者: おろち より 11月 17, 2011, 09:29:38 午後
本日、雲南市役所並びに雲南市議会にC56108の保存に向けての陳情をして参りました。
本日(17日)までに、地元をはじめ全国より577名分の署名を頂きました。
署名活動にご協力頂きました方々にはそれぞれお礼を申し上げるのが本義ではありますが、この場をお借りして心よりお礼申し上げます。署名活動は引き続き行って参りますのでご協力を賜りますようお願い申し上げます。
陳情の詳細につきましては、下記のC56108保存活動ブログにて、陳情書も合わせて公開を致しております。
引き続きご支援を賜りますようお願い申し上げます。
http://ameblo.jp/c56108/


スレッド名: Re:C56108解体一時停止!
投稿者: おろち より 12月 31, 2011, 08:27:13 午後
C56108の保存について先般陳情を致しておりましたが、雲南市議会12月定例議会において継続審議となりました。議会において解体予算が可決されており、明日にでも解体作業が始まる処でしたが、議会に提出された執行部(雲南市教育委員会)らの議案提出内容に精査すべき点があるとの事で、執行部に対しての差し戻しという具合になろうかと思います。取りあえず、解体に関わる予算は一時的に執行停止とはなりましたが、執行部は未だに解体の意向を崩しておりません。引き続き保存活動は続けて参ります。
詳細については、下記C56108保存活動ブログに記しております。
http://ameblo.jp/c56108/
[/quote]


スレッド名: Re:C56108解体一時白紙撤回!
投稿者: おろち より 2月 08, 2012, 03:27:37 午後
皆さんのご協力により解体が白紙撤回されました。
ご協力頂いた方々には皆さんにお礼を申さねばなりませんが、この場をお借りして心よりお礼申し上げます。
これからどの様に保存し地域活性化に活用して行くべきなのか、皆さんのお知恵を頂きながら保存活動は進めてまいます。

詳細については、下記C56108保存活動ブログに記しております。
http://ameblo.jp/c56108/


スレッド名: Re:C56108解体決定!
投稿者: ito より 2月 08, 2012, 10:24:17 午後
先送りされただけではないでしょうか ???
急に解体なんて言わせない様に目を光らせておいてください。


スレッド名: Re:C56108
投稿者: おろち より 3月 06, 2012, 06:11:19 午後
本日、雲南市3月定例議会があり傍聴して来ました。
雲南市として始めてC56108を貴重な鉄道遺産として認め、住民への周知が不十分であった事に陳謝の弁があり、保存に向けて地域住民の意見の聴きながら検討したいと表明がありました。
http://ameblo.jp/c56108/


スレッド名: Re:C56108解体決定!
投稿者: ito より 3月 08, 2012, 08:34:23 午後
さて、
予算が上手く付くとよいのですが。