わいわいフォーラム「鉄盟団」
1月 22, 2018, 03:00:15 午後 *
ようこそゲストさん。まずは、ログインするか、ユーザ登録してください。

ユーザ名、パスワード、クッキー保持期間を入力してログインして下さい。
お知らせ: わいわいフォーラムの営業を再開します。皆様、何卒宜しくお願いします。
タイトルへのコピペは禁止です!!必ず手で打ち込んでください!。ページが開かなくなる原因となります。
登録後、14日経っても1度も投稿のないメンバーの方は利用制限をさせていただきます。
詳しくはインフォメーションの投稿に関してをよく読んでください。
 
   ホーム   ヘルプ 検索 カレンダー ログイン 登録  
ページ: [1]
  印刷  
投稿者 スレッド: 平庄の現状  (参照数 2221 回)
0 メンバーと、1 ゲストが、このスレッドを見ています。
旅行屋石井@上海
快速
***
オフライン オフライン

投稿: 236



プロフィールを見る
« 投稿日: 2月 12, 2012, 06:55:00 午後 »

3年ぶりに平庄に来ておりますが
荷物が多いようで結構活発に運用しております。

その中でもデフ付き上游1083の活躍が目立ちます。
IP記録
SY1698
モデレーター
****
オフライン オフライン

投稿: 566


謎の中国貨車研究者。


プロフィールを見る サイト
« 返信 #1 投稿日: 2月 17, 2012, 09:44:47 午後 »

追加です。

平庄ではSY1017,1052,1083,1441(装煤廠)SY1487(西露天)の5両が運用。
紅廟ではSY1418,1565が、元宝山はJS8242が運用。
元宝山は4月を目処に蒸機は完全陥落の模様ですが、それ以外は現状のまま推移しそうです。
IP記録
寝台軟
モデレーター
***
オフライン オフライン

投稿: 203


一路マイペース!


プロフィールを見る
« 返信 #2 投稿日: 12月 09, 2012, 01:10:49 午後 »

阜新とともに活発な動きを保つ平庄。
2012.11.-4~6 正味2日かけて訪ねてきましたので、長くなりますが2分割にてレポートいたします。


目撃カマ/ALL上游で北向き:1017,1083def付,1085 の3台
・諸兄のレポートを拝見しても、ここのカマはALL南向きだった?らしいが、今回確認した3台はALL北向きだった。
 なにか事情で北向きにしたのだろうか。
 この状況であれば国鉄接続・送り出し駅である平庄南駅から北上する空車列車が前向きということになる。勾配も概して北に向かって上り坂が多い。


(以下レポート)
4日(日)夜20:30瀋陽より4208次にて雪の平庄着。
 実は先ず昼着の阜新を目指していたが生憎の雨天で計画変更、昼ゴロ寝の硬臥を補票した。
 うっとうしい雨は、日の暮れた叶柏寿あたりから雪に変わった。

 いまグーグルアースで調べると、阜新の標高が130mに対し平庄は500m程もある。
 雪のなか即蒸機の汽笛がブゥォワー,ブゥォワー・・・爆鳴響く。結構近い。なんか出迎えてくれてるようでいい感じである。

 タクシーは慎重に低速で走った。この地域、雪は少なく不慣れとの事。
 まずは宝山大酒店を訪ねたが268元の部屋しかないとの事でパス、結局站に近い平庄賓館160y(朝食付)に投宿。
 ここは砿務局/煤業集団の経営で、清潔で悪くなかった。トイレと洗面台はTOTOだった。
 朝食は内蒙らしくミルクティーも。

 ただヤドの周囲は寂しく、最寄の飲食店街まで隣の砿務病院(大きい)の前を数分歩く。
 一方站からは近い(徒歩10分弱)のが利点。
 例えば、アクセス不詳の馬林(紅廟)を攻めるにも8時に列車便がある。

5日(月)
 路面凍結、路線バスは雪で運休らしい。そもそもルートに停留所標識すら見当たらない。
 あった所で「本日運休」なんてキチンと表示もしないだろうが…。

 雪の站付近を散歩してから、中国では珍しくチェーン着装のタクシー(15y/雪道料金だろう)で10:30装煤站着。
 雪は小降りで、SY1085がスタンバイ中。
 10:48、南站方向から爆煙で前向きSY1017+空車が通過。いいぞ!。直後に1085が単機で南站方向へ。
 11:30、SY1085なぜか再び単機のまま戻って停車???
 動きなさそうなので線路沿いに北へ歩く。じっとしてても寒いしバスも無い。ずっと歩いてみよう。
 雪も止んだ。

 右カーブした先の水泥厂?わき~古山一井まで、延々送電線が北側に平行している。南側は防風林か。
 この先、古山二井,一井,三井,そして終点六井(六家)の順に煤砿ヤードがある。
 12:58、SY1017が逆機単機で南下(二井の手前1kmにて)。

 13:12二井手前の踏切が鳴る。SYがバックで・・・が、踏切まで来ず引き返して行った。
 ヤードに着くといましたSY1083、目当てのデフ付き上游でした。ダンプ貨車の入換(卸か)を半時間ほど撮影。
 前回は時間なくスタンバイしか撮れなかったデフ上游、これでリベンジ達成。
 当時2台いたうち1台はお釈迦となったようで寂しい。が、ひとまず満足してさらに進む。
 14:05、デフ付1083は単機で私を追越して北上して行った。

 二井と一井の中間、繁華街宝山路の北の外れという位置の踏切わき(南東側)にプラットホームがあった。
 その他各砿のヤードにもホームが残っており、かつてはここも客運があった模様。
 検分してると14:40,今朝最初に爆煙を見せてくれたSY1017+空車が、再び前向きで一井方向へ通過(画像)。

 気温も上がり早や道路部分の雪は溶け、ドロドロのぬかるみ状態となっている。
 クルマが泥しぶきを上げて通過するので、道路は歩けたもんじゃない。ご存知マナー未発達、弱肉強食、ちょっと違うか… ニヤリ
 而してタクシーは、市バスがさぼってる此の時とばかり10元~の特別レート。現状、雪溶けの平庄は歩行者地獄である。

 一井15:00着、デフ付1083バックで重車を牽き通過、下り坂らしく煙なし。
 昨夜も聞こえた汽笛爆鳴は、殆どの踏切に遮断竿がないためである。
 15:33、三井方からSY1017逆機+重車が通過、早や日も傾きかけタクシー(2kmほどだが10元)で賓館へ。
 腹具合が悪く今日はこれまで、休息す。
« 最終編集: 12月 09, 2012, 08:53:37 午後 by 寝台軟 » IP記録
寝台軟
モデレーター
***
オフライン オフライン

投稿: 203


一路マイペース!


プロフィールを見る
« 返信 #3 投稿日: 12月 09, 2012, 01:51:21 午後 »

(レポート続き、2/2です)
・6日(火) 2012.11
 市内バスはあてにならぬので、平庄站を朝8:41の山海関ゆきK7384列車で、先ず平庄南站を目指すことにした。
 K列車で、こんなイナカで、すぐそこの南站までなんて切符を売ってくれるか不安だったが、あっさり買えた。
 中国鉄路は使いやすくなったと実感。…瀋陽には相変わらず横柄な窓口職員もいたが。
 列車は朱亀+緑皮

 南站のそばに俯瞰のできる丘があるのだが、ひどい濃霧でまったくダメ。
 駅で「喝水」をよばれ 半時間ほど潰すも変化ナシ。仕方なく線路沿いに北へ歩く。
 有名ポイントのコンクリ橋も霧の中、…10:20五峰站でSY1085バック牽き重車とすれ違う。
 この通過を待って古びた黄色い保線レールバスも北へ出て行った。

 
 1kmほどで「works(車庫?)」分岐だが、レールは雪に埋もれてる部分も。毎日毎晩ここへ入庫したりはしないようだ。
 霧中遠くに見える修理庫?は門を閉ざし静まり返っており、近寄らずパス。
 一旦晴れかけたが、またガスってきた。そんな悪いタイミングで10:50前向きでさっきのSY1085+空車が。
 いい爆煙だったのに広角で1カットしか撮れず(画像参照)。この日、前向き列車のカットは悲しいかなこれだけとなった。

 踏切過ぎて装煤站が近づく。この辺り高圧鉄塔もないし割と撮り易そうであった。
 しかし、しばらく粘って待つも音沙汰なし 疑問。霧はようやく晴れたが。・・・雪で出炭もストップなのか??

 装煤站のレンガに囲われた作業側線らしき所にColdのデフ付JSが1台あった。
 西露天側も見に行ったが、もう電機は搬出済みらしく全く見当たらず。
 前回05年訪問時にはガチャガチャ繁く蠢いていたが・・・架線だけが夢のあと。遠くの方にCold蒸機1台だけ見えた。

 この先は昨日歩いた区間なので、14時、タクシーで三井へワープ。
 昨日辿り着いた一井からは線路に沿って走る。
 この辺フェンスが結構しっかりしていた。が、門が開いてたので…。
 三井から北端の六家砿(六井)へ歩く。僅か1kmほど。この2日で南北のメインラインをほぼ全線歩いた。

 六家ヤードの奥に午前中見たSY1085が止まっていた。乗務員氏に断って撮影。
 撮り終えてヤードを戻るうち、背後からカマは追って来た。
 積載ずみ貨車列にスイッチし連結、一旦引出しもう1列に連結して出発。

 15:35,ヤードの外で出発を撮影。上り坂らしく遅い。
 撮って、遅い列車と並ぶように歩いて戻る。が、貨車ますます遅く、ついには止まってしまった。
 カマに追いつく。何度も圧を溜めては再起動にTRYしてるらしい。繰り返す激しい空転を眺め、撮る。

 …さすがにこちらが飽きてしまい、お先に失礼する。
 できれば救援釜でも来ないかな~。

 
 三井ヤード西北の門付近まで戻ると、ようやく再起動?してやって来た。が、どうも編成が短い。
 そして一旦貨車列を解放、カマだけ戻ってゆき、再び貨車を牽いてきた。
 そう。2分割したらしい。さっき六家でわざわざ1本に編成したのにねぇ。
 これじゃ1kmほどだけの六家→三井は最初から分割輸送にしたほうが良いのでは?と思う。
 たまたまカマの調子が悪かっただけかも知れないが。

 で、三井で再び1本の列車に組成。ここまで50分かかっている。私的には楽しませてもらったが ニヤリ
 ダッシュで300mほど先の歩道跨線橋へ先回りして構えたが、ここからは下り坂らしく爆煙は出ずだった(16:25)。
 ここは逆の北向き列車を俯瞰するのには良さそう。見た限り沿線切通しなどなく、変化づけに良いお手軽ポイントと思う。

 結局この日は動きが乏しく、図らずもSY1085のストーカーになってしまった。つまり他のLive釜は見ず、ちょっとさみしい成果であった。
 これにて今回の平庄探訪は終了。メシ食って荷をpick,19時の列車に乗る。

 2日あれば馬林(紅廟)や元宝山(蒸機もうない?)も・・・と何気に思っていたが、甘かった。
 丸2日滞在したが市内バスは最後まで雪で運休しガッカリ。連日、午後路面の雪が溶けても全く姿を見せなかった。


(参考HP:SY Country/英語)
http://www.sy-country.co.uk/line/neimenggu-pingzhuang.htm
http://www.sy-country.co.uk/
・英文読めずともDuncan Cotterillさん2010-12の地図が非常に好。これに複数ソースから中文地名や未記載のアクセス路(グーグルアース読みで)など、必要情報加筆して持参するとよい。

平庄・路線バス図 :百度文库
http://wenku.baidu.com/view/127c4126af45b307e871971e.html
« 最終編集: 12月 09, 2012, 02:40:37 午後 by 寝台軟 » IP記録
ページ: [1]
  印刷  
 
ジャンプ先:  

Powered by MySQL Powered by PHP Powered by SMF 1.1.20 | SMF © 2006, Simple Machines Valid XHTML 1.0! Valid CSS!