わいわいフォーラム「鉄盟団」
2月 22, 2018, 06:12:34 午後 *
ようこそゲストさん。まずは、ログインするか、ユーザ登録してください。

ユーザ名、パスワード、クッキー保持期間を入力してログインして下さい。
お知らせ: わいわいフォーラムの営業を再開します。皆様、何卒宜しくお願いします。
タイトルへのコピペは禁止です!!必ず手で打ち込んでください!。ページが開かなくなる原因となります。
登録後、14日経っても1度も投稿のないメンバーの方は利用制限をさせていただきます。
詳しくはインフォメーションの投稿に関してをよく読んでください。
 
   ホーム   ヘルプ 検索 カレンダー ログイン 登録  
ページ: [1] 2 3
  印刷  
投稿者 スレッド: その他のナロー路線  (参照数 13785 回)
0 メンバーと、1 ゲストが、このスレッドを見ています。
rakkasei
普慢
*
オフライン オフライン

投稿: 6



プロフィールを見る
« 投稿日: 9月 25, 2007, 11:06:21 午後 »

皆様こんばんわ。ちょうど合いそうなスレッドがなかったので、新しく立ててみました。蒸機の有無に限らず、他のスレッドで取り上げられていないマイナーなナロー路線・森林鉄道等の情報交換ができれば嬉しいです。

私はこの3連休絡みで訪中し、以前余所のサイトで「ひょっとしたら残っているかも」とのコメントを頂いた、吉林省延辺の汪清の森林鉄道を訪問してきましたのでご報告させてください。
結論から申し上げると、「動いていなかった」「廃止されたか休止なのかは不明」ということです。

汪清の国鉄駅からは離れた、市内最高級の天府大酒店の裏手ほど遠くないところにある森林鉄道汪清駅には、木材を積載したものを含め数十両の運材車がひしめき合い(積まれている木材がそれほど腐食していなかったので、そんなに古くからほったらかしな訳ではなさそう)、キチンと鍵のかけられた駅舎内を覗くと、構内ポイントの操作台付近は綺麗に整頓され、発券窓口と思しき場所には「售票処」と書かれた紙が貼られたまま(客運も有った?)。車庫の脇にはレールバスが放置されていましたが、同様に中を覗く隙間もないほど車庫はキチンと施錠・目張りがされていることから、中には稼働状態にある機関車等が保管されていると思われました。線路は踏切部こそ土で埋まってはいたものの、特段の大工事なく走行再開は可能な様に見受けられました。
残念ながら日曜と言うことで森鉄や林業局の関係者に会って話を伺うことはできませんでしたが、近所の人やタクシー運転手など何人かに話を聞いた限りでは「冬場、12月になればまた走る」「永遠に走ることはない」との2つの見解が聞かれ、結論はでませんでした。

もし今後冬場に近くを訪問される予定の有る方、その地方の旅行会社さんとお付き合いのある方、続報を期待します。

P.S. というわけで今回の訪問は外れでしたが、内蒙古・烏蘭浩特の奥、阿尓山というところに、恐らく観光用と思われますが、C2+緑皮車のナローが運転されているという情報を入手しました。行ってみたいと思いますが、とっても行きづらいところですね・・・


[管理人によって削除されました]
IP記録
火車哥哥
特快
****
オフライン オフライン

投稿: 252


プロフィールを見る
« 返信 #1 投稿日: 9月 26, 2007, 05:51:21 午後 »

rakkasei様 阿尓山のC2ですがこの夏に北京の友人が旅行で出かけた折に見てきました。画像を送ってもらい掲載の承諾を得ましたので貼り付けておきます。残念ながら静態保存ということです。
写真上から
① C2+緑皮客車

② 同じくC2+緑皮客車

③ 客車の内部

[管理人によって削除されました]
« 最終編集: 9月 26, 2007, 05:53:14 午後 by 火車哥哥 » IP記録
rakkasei
普慢
*
オフライン オフライン

投稿: 6



プロフィールを見る
« 返信 #2 投稿日: 10月 07, 2007, 01:21:00 午前 »

火車哥哥さま。
早速のコメント、ありがとうございます。

そうですか、阿尓山のは静態保存でしたか・・・ 遠路はるばる出掛けてショックを受ける前に情報頂戴できて助かりました。

 私は蒸機に限らず、もうごく限られたところにしか残っていないナロー・森林鉄道等を訪れてみたいと、この2年ほど、芭石、沙湾、英豪、河南省鄭州、榮陽、綏稜、興隆鎮、葦河、樺南、そして今回の汪清と独力で廻って来ているのですが、そろそろ個人でのネット検索での情報収集では得られる情報が限界になりつつあります。
 もし皆様におかれまして、現役の森林鉄道(非煙可)、客レのあるナロー路線等に関する現存(しているかもしれない)情報、手がかりになるような情報を得られるかもしれないサイト(英文可)をご存じだったら、ご教示いただけないでしょうか。

 例えば、C2Freakさまのサイト http://www.h3.dion.ne.jp/~c2freak/jyoukyouhyou.htm では、以下のような記載がありました(無断引用ですので、不適切でしたらご指摘下さい)。行き易いところではないようですが、ネット上では他に情報もなく、体当たりで行ってみるしかないようで・・・
>>根河 森林鉄道: C2 牙林線根河から東に延びる林鉄。DL化したが動態保存機あり?。

おまけは、図們駅構内で入換作業中の北朝鮮側DL「内燃401号」です。

[管理人によって削除されました]
IP記録
はいらーある
在日中鉄総領事
**********
オフライン オフライン

投稿: 669


The next stop 東光 one 条 one 丁目


プロフィールを見る サイト
« 返信 #3 投稿日: 10月 07, 2007, 01:48:28 午前 »

江西省の赣州地区の森林鉄道なんてどうでしょうか?
森林鉄道としての現役は退いていて観光用のようですが。

赣州・森林小火車で検索するといくつか引っかかってくると思います。
http://gz.jxcn.cn/news/2005-7/200574131146.htm
http://www.railcn.net/culture/railway-show/1201.html
http://i.cn.yahoo.com/blog-Upayz1opaJnyicnNusUc7vE-?cq=1&p=18
http://www.jxgztv.com/News/Tonight/2007/05/04/8474.asp
http://www.gzlyw.com.cn/gzlyywhsy05.htm
http://syxbrh.naipin.com/Diary.asp?ID=9
http://www.0797it.com/gqxx/showqyxx.asp?id=6775

rakkaseiさんのサイトで旅レポートを拝見させていただきましたが東北の森林鉄道もいいですね。
私はいつか行ってみたいです。
« 最終編集: 10月 07, 2007, 01:56:43 午前 by はいらーある » IP記録
はいらーある
在日中鉄総領事
**********
オフライン オフライン

投稿: 669


The next stop 東光 one 条 one 丁目


プロフィールを見る サイト
« 返信 #4 投稿日: 10月 07, 2007, 02:41:40 午前 »

あとはここで何度か話題になっている河南省輝県のナロー。
http://bbs.hasea.com/viewthread.php?tid=115546&extra=&page=1
(海子は日本からだと見づらいんでしたっけ?)

地元輝県のBBSの情報によれば今でも走っているようですね。
http://www.huixian.net/bbs/viewthread.php?tid=24115&extra=&page=1&sid=fiFFq7

ここは北京からも近いですし、今年のうちには土日を使って偵察したいと思います ニヤリ
IP記録
rakkasei
普慢
*
オフライン オフライン

投稿: 6



プロフィールを見る
« 返信 #5 投稿日: 10月 14, 2007, 11:30:11 午後 »

はいらーある様、

 コメント、及びその他赣州(う、読めない・・・ガンジョウと読むみたいですね)のナロー森林鉄道のご紹介、ありがとうございます。早速掲載していただいた各サイト拝見しました。私は中国語は解しませんが、確かにご指摘のように観光鉄道となってしまっているようですね。まぁ、芭石も観光鉄道といえば殆どそれに近い物になってしまっているようですし。コレ一つだけの為にわざわざ行くかというとちょっと躊躇しますが、そのうち、他の路線、例えば別サイトで現役が確認されている三羅線あたりとくっつけて行ってみようかと思います。
 拙サイトの旅行記もご覧頂いた由、ありがとうございます。拙縞はお粗末ではありますが、もっと文章力のある方、撮影技術のある方がご訪問されれば、より楽しまれること確実かと。もし今後興隆鎮や綏稜で蒸機のチャーター運材列車フォトランをお考えの方がおられたら、是非ジョインして再訪したい位と考えています。
 また、教えていただいたのをヒントに中国語サイトで検索してみたところ、伊春の五営森林公園というところや朗郷に旧林鉄を用いた観光列車があるらしいこと、巴木通森林小火车というのも幾つかヒットしましたが、これは興隆鎮林鉄のことなのかな。
 今後とも少しでもヒントになりそうな情報がありましたら、クレクレで申し訳ないですが、ご照会いただければ嬉しいです。当方も微力ながらフィードバックさせていただきたいと思います。

http://chikyu-ko.cocolog-nifty.com/blog/
 
IP記録
SY1698
特快
****
オフライン オフライン

投稿: 566


謎の中国貨車研究者。


プロフィールを見る サイト
« 返信 #6 投稿日: 10月 29, 2007, 12:28:04 午前 »

南京栖霞山の江南水泥厰ナローです。
休日は動きなし、ただし従業員専用客レが停まっていましたので、撮りました。

[管理人によって削除されました]
IP記録
はいらーある
在日中鉄総領事
**********
オフライン オフライン

投稿: 669


The next stop 東光 one 条 one 丁目


プロフィールを見る サイト
« 返信 #7 投稿日: 11月 13, 2007, 01:58:25 午前 »

輝県ナロー、残念ながら廃線です。
かつての輝県の火車站に行ってきましたが、廃止後1年や2年どころではない荒れ模様でした。
なんか貨車に得体の知れないつる草に絡みついてるし、客車は錆びて全身茶色になっているし。
輝県駅はデルタ線になっていて、その一方は機務段に繋がっていました。しかし、中に入るしゲートは閉ざされていて前年ながら中の様子は伺えず。外からは客車が一台放置されているのが見えた
だけです。

[管理人によって削除されました]
IP記録
はいらーある
在日中鉄総領事
**********
オフライン オフライン

投稿: 669


The next stop 東光 one 条 one 丁目


プロフィールを見る サイト
« 返信 #8 投稿日: 11月 13, 2007, 01:59:24 午前 »

これだけでは余りにも空しいので、帰り際、鄭州市内東三環路の、道路と鉄道が交差する
陸橋で撮り鉄をしました。
borgenさんがモビルスーツというSS7Dは撮影しましたが、日本製の6K機関車は時間がなく
残念ながら正面から捉えることはできませんでした。


[管理人によって削除されました]
« 最終編集: 11月 13, 2007, 08:43:19 午後 by はいらーある » IP記録
rakkasei
普慢
*
オフライン オフライン

投稿: 6



プロフィールを見る
« 返信 #9 投稿日: 1月 20, 2008, 12:08:11 午前 »

皆様こんばんわ。
 若干時間が経ってしまいましたが、この冬休みに、以前こちらではいらーある副総裁様に御紹介いただいた、江西省赣州の赣州林鉄を訪問してきたので、御礼がてらご報告します。

 梅州からの夜行で深夜に赣州に着き、翌朝「観光列車(観光資源)になったのなら、知っているだろう」とホテルやタクシーに聞き回って見たが誰も「そんなもの没有」と知らないか、「もう無くなった」という人ばかり。↑の方で幾つか挙げていただいた中国語サイトの情報から読みとれた、この観光鉄道の運営権を引き受けたという「金橋旅行社」も、あるはずの水上賓館ごと消滅しており、やっと見つけた川向こうの「赣州森林鉄路管理処」なる3階建ての建物・・・は既に廃墟。
 仕方ないので、路線が向かっている筈の上犹県にバスで転進。バスターミナル内の「県内公路交通図」を頼りにバイクタクシーで、最寄りの梅水駅へ向かい、意外と小綺麗(で線路もまだ走れそうな雰囲気)な駅跡?から線路沿いに終点の終点の窖下(Yaosha:「穴」冠の下は「缶」の字。蘭州の先の海石湾の終点のYaojeのYaoと同じ字)へ(上犹からここまで、毎時1本程度のバスがある模様)。線路を右に左に眺めながら、山を越え、閉山したと思しき炭鉱設備を掠め、あと少しで窖下というところで「森林小火車度暇村」の看板を発見。
 県道?から別れ、線路沿いの小径に乗り入れ、橋を渡り、程なく辿り着いた度暇村には、結構錆付いたL型DLに引かれた貨車と改造車と思しき客車が一両。暇そうに編み物などしている管理人らしき2人。建物設備は結構荒廃しており、他に観光客らしき姿は無し。
 筆談と身振り手振り、それに掲示されている案内などから得られたりする情報としては、この林鉄の末端部2~3駅分は確かに走行可能のよう。料金は50~90元/人(梅水までは70元)で、10人以上集まれば(10人分以上払えばということかな)チャーター運行可能で、片道は船による往復も可能、「鉄路自行車」と称する線路上を走る自転車で何処かまで行ってくることも可能な模様。が、最近運転した気配なし。梅水が地元だというバイクタクシーの兄ちゃんも、何年か前に1回走っただけで、その後は見たこと無い、との事。建物には現役時代のC2と機関士の写真が飾ってあったのだけれど、こちらだったら良かったのに。

 というわけで、結論は限りなく×に近い△でした。残念! やっぱり林鉄は東北に限る、んですかね・・・ 

http://chikyu-ko.cocolog-nifty.com/blog/




[管理人によって削除されました]
IP記録
SY1698
特快
****
オフライン オフライン

投稿: 566


謎の中国貨車研究者。


プロフィールを見る サイト
« 返信 #10 投稿日: 3月 10, 2009, 10:10:47 午後 »

今回、東北近辺への進撃計画を立てる中で、鶏西、扎賚諾爾、漠河をまたにかけることが難しいことがわかったので、その代わりどこにしようかと考えてみました。

「朗郷」に森林鉄道が保存されているという記事を読んだので、いろいろ調べてみましたが

http://www.tieliu.com.cn/zhishi/2006/200612/2006-12-07/20061207103630_16814.html

どうも線路は残っていても蒸機そのものはつかっておらず、DLで運行されているというオチでしたとさ。

結局、大連からさほど遠くないということで、復州湾というのが無難なんですかね。
IP記録
SY1698
特快
****
オフライン オフライン

投稿: 566


謎の中国貨車研究者。


プロフィールを見る サイト
« 返信 #11 投稿日: 5月 08, 2009, 10:34:43 午後 »

今回の扎賚諾爾行の前に、遼寧省復州湾ナローに足を伸ばしておりまして、そのときの写真も一緒に添付します。

復州湾ナローは、RM名取紀之氏「編集長敬白」に取り上げられておりましたが、何しろここは大連からさほど遠くないわりには案外行きづらい場所で、バスの本数も決して多くない、周辺に宿もあまり整っていない場所ではあるのですが、駆け足で五島運輸処(CNR五島站より分岐)、金城運輸処(CNR復州湾站より分岐)を回ってきました。

まずは五島運輸処のナロー列車を。
この日は休み前のせいか、水タンク車と塩積返空以外は、ヤードでの入換作業に終始。あまり粘って誰何されては面倒なので、早々に退散。

でもって今度は金城運輸処のDL。
こっちも金城化工厰周辺での入換、国鉄站への貨物受渡が中心であったが、工場前と公道の間にこんな掘割があり、偶然出てきたDLを撮影。ここも撮るものさえ撮ってしまえばとっとと退散。(工場にカメラを向けるだけで門衛が騒ぎ出すお国柄なので)
IP記録
SY1698
特快
****
オフライン オフライン

投稿: 566


謎の中国貨車研究者。


プロフィールを見る サイト
« 返信 #12 投稿日: 7月 22, 2009, 12:32:01 午前 »

http://finance.groups.yahoo.com/group/Steam_in_China/message/8606

欧米窄軌鉄のJohn Raby氏が今月10日より中国入りしておりますが「Great Firewall」のためにサイトの更新ができないとのことです。一応、東北部のナローを回るという話を聞いており(復州湾、大連近郊の謎の露天ナローとか、営口、錦州とかの塩田ナローも回るみたいです)、今後の展開を期待したいところです。

(営口)
http://maps.google.co.jp/maps?f=q&source=embed&hl=ja&geocode=&q=40.67648,122.289301&sll=36.5626,136.362305&sspn=24.829358,39.023438&ie=UTF8&ll=40.683827,122.293539&spn=0.005745,0.017681&t=h&z=14

(錦州:双羊)
http://maps.google.co.jp/maps?f=q&source=embed&hl=ja&geocode=&q=40.67648,122.289301&sll=36.5626,136.362305&sspn=24.829358,39.023438&ie=UTF8&t=h&ll=41.108734,121.265298&spn=0.002854,0.008841&z=17
IP記録
SY1698
特快
****
オフライン オフライン

投稿: 566


謎の中国貨車研究者。


プロフィールを見る サイト
« 返信 #13 投稿日: 10月 12, 2009, 09:18:06 午後 »

その他、小生が現在有している情報として。
炭鉱近辺だと、手押しナローの類は山のようにあるのですが、いろいろありますのでここでは紹介を手控えておきます。

遼寧省:
1. 皮口(塩)大連から庄河方面への途中に。
2. 営口(塩)営口市街地にナローがある。
3. 復州湾(塩)言うまでもない。五島、金城二箇所。
4. 錦州金城(葦)製紙原料として葦を運ぶ。秦瀋高速専線と交差。
5. 錦州双羊(塩)塩ナローと思われる。Google Earthで確認可能。
6. 大連泉水(石灰)石灰露天掘。再開発の可能性も。

内蒙古:
1. 白市(珪石)通遼から吉林省に向かう途中に。2009運行停止。

※ 1.~6. は 小生が訪問したか、欧米鉄が訪問して(あるいはネットでの調査結果)所在が明らかになっているものです。
IP記録
SY1698
特快
****
オフライン オフライン

投稿: 566


謎の中国貨車研究者。


プロフィールを見る サイト
« 返信 #14 投稿日: 12月 23, 2009, 12:03:38 午前 »

21日。2220次で大連に着いて、出掛けの駄賃とばかりに東関街で市電を撮ってから、前々から話に聞いていた「Dalian Big Hole」に行ってきました。

今年になって欧米窄軌鉄(John Raby氏)からの情報を聞いて、いろいろ調べたところ、Google Earthでは画像は鮮明に写っているものの、前に訪問した別の欧米鉄氏は「あまり動いてないようだった」とのこと。大都市の市街地近くにこんな露天鉱があるなんて信じられず、住宅開発が進んでしまっているかもという不安をよそに、タクシーで泉水方面の「泉水居住区」へ移動。たしかこのあたりだったかなと適当に歩くと、大連二十高中と残疾人訓練中心の間に通りがあり、ここを真っ直ぐ歩くと露天鉱の北側に難なく入れてしまう(これもGoogle Earthであたりは付けていた)。

広大なスケールの露天鉱、しかし聞こえるはトラックの音ばかり。線路は鈍い光を放っているので動いてはいるようだが、車輌はまったく見えず。東方に車庫があるようなのはわかっていたが、ヘタに進むと門衛にブチ当たる。西方に歩くも、まったく車輌の影も形も見えない。ふと東方を見ると車輌らしき影が見えたので、少し歩いてみると、保線工事用の車輌が数両いるのが見えました。

DLは「ND135-18」。それに保線用の車輌が数両連なっているもので、前にご教示いただいたのと全く同じ編成でした。ゲージはやはり900mm、中国では少数派。
IP記録
ページ: [1] 2 3
  印刷  
 
ジャンプ先:  

Powered by MySQL Powered by PHP Powered by SMF 1.1.20 | SMF © 2006, Simple Machines Valid XHTML 1.0! Valid CSS!