わいわいフォーラム「鉄盟団」
2月 22, 2018, 06:12:06 午後 *
ようこそゲストさん。まずは、ログインするか、ユーザ登録してください。

ユーザ名、パスワード、クッキー保持期間を入力してログインして下さい。
お知らせ: わいわいフォーラムの営業を再開します。皆様、何卒宜しくお願いします。
タイトルへのコピペは禁止です!!必ず手で打ち込んでください!。ページが開かなくなる原因となります。
登録後、14日経っても1度も投稿のないメンバーの方は利用制限をさせていただきます。
詳しくはインフォメーションの投稿に関してをよく読んでください。
 
   ホーム   ヘルプ 検索 カレンダー ログイン 登録  
ページ: [1]
  印刷  
投稿者 スレッド: 漯阜公司路用乗り鉄  (参照数 3431 回)
0 メンバーと、1 ゲストが、このスレッドを見ています。
Borgen
ボーゲンの世界
隊長
*****
オフライン オフライン

投稿: 3005


違いの分からない人には永遠にわかりえない中鉄ブログを始めました


プロフィールを見る サイト
« 投稿日: 9月 25, 2010, 03:34:23 午後 »

 河南省の京広線漯河と安徽省の京九線阜陽を結ぶ漯阜鉄路。全区間213キロはすべて貨物運輸が主力で、時刻表に載っている旅客は漯河から周口までの66キロ区間だけだったが、実は鉄道職員ならび沿線住民を運ぶ通勤列車こと路用列車があることが判明。しかも牽引はレールバスで、2両の緑皮車を牽引するというからまさに絵になる構図ということで、乗りに行ってきた。

 この路用列車は57001/2/4次と呼ばれ、漯河東から阜陽西の約200キロを結んでいる。57001次は漯河東〜阜陽西、57004次は阜陽西〜周口、57002次は周口〜漯河東を結んでおり、起点は周口、折り返し起点は漯河東となる。ネット掲載されていたダイヤだと1日2本運転で、早朝なら8時半に漯河東を発車する。

 さて、起点となる漯河東。京広線の漯河から東南に約5キロ先にあり、高速道路の南側に面している。T256次で漯河に到着後、朝食を済ましてすぐさまタクシーに乗車。初乗り3元は安いな。
 しかし、点と点は分かるが、実際線路にたどり着く沿線の部分までは分からず、タクシーで移動したが2回ほど道に迷った。
 そして、着いたら着いたで架線を張る工事をしており、架線用鉄筋柱がすでに建っていた。この駅は貨物駅となっており、基本的に旅客扱いはしておらず、駅舎などは倉庫になっていた。また、でかい荷物を持った旅行者を当然のことながら関係者職員は「何だこいつは?」と怪訝な顔で見られていたのは当然か。この状況で運転しているのだろうかと不安な気持ちになりながら、ひとりの職員に聞いてみた。

運転はしているけど、11時発だよ。

 おかしいな、ネットじゃ8時半だったのにと食い下がって聞いてみると、「ダイヤが変わった」とのこと。せっかくここまできて、3時間待つのが嫌だから引き返すというのも癪なので、3時間待っていることにした。周りには売店1軒すらないただの原野。トイレはその辺でしてくれだそうだ。
 待っている間、きた列車は貨物列車2本と旅客回送1本のみ。旅客回送は広州〜信陽(周口)と書かれており、広州〜信陽、周口〜広州のダイヤである。

 この区間はDF4の緑亀が主力でボディ―には漯阜公司と書かれている。また、オレンジ色のDF12は漯河と漯河東間の貨物輸送の区間業務を担っていた。列車がくるまでの3時間、ホームの階段に古新聞紙を敷いたうえに腰を下ろし、持参のiPadを見ながら時間をつぶしていたのは言うまでもない。
IP記録

中国鉄道倶楽部
http://railway.org.cn/
私の乗車距離は●●万キロです
http://railway.org.cn/borgen/
Borgen
ボーゲンの世界
隊長
*****
オフライン オフライン

投稿: 3005


違いの分からない人には永遠にわかりえない中鉄ブログを始めました


プロフィールを見る サイト
« 返信 #1 投稿日: 9月 25, 2010, 03:35:23 午後 »

この区間はDF4の緑亀が主力でボディ―には漯阜公司と書かれている。また、オレンジ色のDF12は漯河と漯河東間の貨物輸送の区間業務を担っていた。列車がくるまでの3時間、ホームの階段に古新聞紙を敷いたうえに腰を下ろし、持参のiPadを見ながら時間をつぶしていたのは言うまでもない。

 10時55分ごろ、ホームに停車をしていた2台のDF12がホームから離れて行った。同時に、作業員のトランシーバーから列車がくる旨が聞こえてきた。遠くに汽笛の音が聞こえてきた。というかしょっちゅう鳴らしているためあまり感動はない。ただ確かに肉眼で確認できたのが赤いレールバスに牽引された列車。それがだんだんと近づいてくる。そして、軽快な音ともにホームに入ってきた57001次。2両のYZ22を牽引していた。
IP記録

中国鉄道倶楽部
http://railway.org.cn/
私の乗車距離は●●万キロです
http://railway.org.cn/borgen/
Borgen
ボーゲンの世界
隊長
*****
オフライン オフライン

投稿: 3005


違いの分からない人には永遠にわかりえない中鉄ブログを始めました


プロフィールを見る サイト
« 返信 #2 投稿日: 9月 25, 2010, 03:36:24 午後 »

駅員は「機関車が付け替えたらすぐ発車するから乗った方がいいよ」と言ってくれた。あれが機関車かどうかは別として、普段眼中になかったレールバスこと「金鷹」がこのときえらくきれいに見えたのは気のせいか。

 発車直後に改札がきた。全区間27元は、200キロ区間ならかなり安い。しかし、それ以上に時間を要することになるが…。

 乗客は本当に地元民か鉄道関係者だが多くはない。適当に座ったら金鷹デリーゼルエンジンをうならせながら出発した。沿線はのどかな畑一面だが、複線電化を目指す同路線では工事がいくつも見られ、途中停車駅も1時間とかかかった。ひょっとしてこの路用列車って1日1本に変更されたのかなあと嫌な不安が頭をよぎる。終点の阜陽西から阜陽に出て、さらに江西の九江に向かわなければ行けないのだ。
 12時55分に周口に到着。この駅から北京西行きと広州行きの列車が出ている。漯河からくるとき、水色の東方紅の廃車体が機務段にあった。この駅で乗客が入れ替わり、大勢の人が乗ってきた。そういや、この列車トイレはあるけど、大はするなと書かれていた。また、車内販売はこない。ということは消耗戦になる。やっぱり駅でカップラーメンを買っておけばよかったと後悔してももう遅い。しかし、のんびりとした車内だ。ステレオを持ってきて、シャカシャカ音楽を聴きながらの鉄旅もしてみたい。
« 最終編集: 9月 25, 2010, 03:40:19 午後 by Borgen » IP記録

中国鉄道倶楽部
http://railway.org.cn/
私の乗車距離は●●万キロです
http://railway.org.cn/borgen/
Borgen
ボーゲンの世界
隊長
*****
オフライン オフライン

投稿: 3005


違いの分からない人には永遠にわかりえない中鉄ブログを始めました


プロフィールを見る サイト
« 返信 #3 投稿日: 9月 25, 2010, 03:37:45 午後 »

14:04に項城着。列車はとにかく「遅い!」のひと言。通常の時速は30~40キロ程度だが工事現場を通過するため、減速する箇所も少なくない。天気は晴れていたが14時過ぎから気温は低くなり、服装が広州式の自分には上着が欲しい車内だった。オンボロ22硬座だからすきま風がすごく、とてもじゃないけど快適とは言えない。快適なのは自分が持参したパソコンなどの文明アイテムだけだ(笑)。
 河南省と安徽省の境目の界首には15時過ぎに到着。ここで1時間待ちぼうけを食らう。この待ち時間が辛かった。沿線には刈り入れたトウモロコシなどの穀物を干している。すっかり季節は秋だ。
 すれ違う貨物列車はみな石炭用の無蓋車だった。この路線は08年より山西省の候馬と月山産出の石炭を上海方面まで経由する電煤路線となった。

 界首を発車して、旧県集、太和県に停車して17時近く。そろそろ終点に近づいてきた。寒くなり、砂埃が入ってくる窓を閉めた。終点の阜陽西到着は17時半。6時間半に渡る乗り鉄だった。金鷹はすぐさま連結を離して、機回しを行い反対側線路へと消えて行った。すぐ周口行きの折り返し運転が発車するのだろう。
« 最終編集: 9月 25, 2010, 03:45:18 午後 by Borgen » IP記録

中国鉄道倶楽部
http://railway.org.cn/
私の乗車距離は●●万キロです
http://railway.org.cn/borgen/
Borgen
ボーゲンの世界
隊長
*****
オフライン オフライン

投稿: 3005


違いの分からない人には永遠にわかりえない中鉄ブログを始めました


プロフィールを見る サイト
« 返信 #4 投稿日: 9月 25, 2010, 03:38:37 午後 »

さてここから阜陽駅まではどう出るか。タクシーを探したら、白タクどころかバイタクすらない辺鄙な場所。とりあえず国道方向に向かって歩いて行く人の後ろに着いて行った。国道に出てからどこへ行くか分からないバスに乗り込み、5駅ほど進む。途中、タクシーがたむろしている駅で降りて、白タクに乗って阜陽駅へ。
 着いたら着いたで、九江行きの寝台を含めた座席は23時の列車敷かないということでK301次の連雲港東〜広州行きの阜陽〜九江無座を買う。広州行きというのが何とも皮肉だ。

 候車室で列車を待つ人は200名ぐらい。これは座るのが厳しいかもと思いながら、改札がはじまるとすぐさまホームまで駆け出した。そしてなんとか空き席を発見。しかし座れたのはいいけど、ここからまた6時間の苦行がはじまった。本来なら5時間弱で着く列車が1時間遅れ、後からきた青島〜広州東のT159次に抜かされた。九江に着いたら速攻で24日10時40分発の南昌行き動車組チケットを買う。チケットを買って無事この日の目的は達成した。
 あとは、ホテルのおばちゃんに連れられ、民宿みたいなホテル(70元)で1晩を過ごした。

 路用列車はあくまでも通勤向けということで、観光向け仕様にはなっておらず、すきま風は厳しいし、車内販売はないしという厳しい現実が待っている。しかも駅へ行くまでの過程が辛いのもこの列車の特長だ。しかしながら、レールバスが旅客車両を牽引する光景はまずここ以外では見られず、同時に貨物専用の路線を乗りつぶせるという意義を考えれば、この区間の乗り鉄もありだろう。ただ、電化工事終了後、この列車がまだ残っているかどうかの保証はないが。
IP記録

中国鉄道倶楽部
http://railway.org.cn/
私の乗車距離は●●万キロです
http://railway.org.cn/borgen/
Pアノンゴ
特快
****
オフライン オフライン

投稿: 214

昔の名前はウランゴーです


プロフィールを見る サイト
« 返信 #5 投稿日: 9月 25, 2010, 10:28:58 午後 »

レールバスが2両の緑皮車をのんびり牽引なんていいですね。
こういう旅をしてみたいです。
乗客は地元民と鉄道関係者とのことですが、
起点から終点まで6時間半乗り通したのはもしかしてBorgenさん一人?
でも両端の駅が何もないところだったり素人にはちょっと難易度高そうですね。
IP記録
Borgen
ボーゲンの世界
隊長
*****
オフライン オフライン

投稿: 3005


違いの分からない人には永遠にわかりえない中鉄ブログを始めました


プロフィールを見る サイト
« 返信 #6 投稿日: 9月 29, 2010, 06:42:05 午後 »

ウランゴーさん

返事が遅くなりすみません。

この前の乗り鉄で乗り通したのは自分と乗務員のみです。

貨物路線を敢えて走る路用列車に乗ることは意義があることですが、乗車前と乗車後のアクセスに十分考慮したスケジュールを組まないと、トンでもないことになってしまいます。
IP記録

中国鉄道倶楽部
http://railway.org.cn/
私の乗車距離は●●万キロです
http://railway.org.cn/borgen/
SY1698
特快
****
オフライン オフライン

投稿: 566


謎の中国貨車研究者。


プロフィールを見る サイト
« 返信 #7 投稿日: 9月 30, 2010, 08:48:00 午後 »

お疲れ様でした。
それにしても、両地点とも中途半端な場所にあるから、かなり移動がきつそうですね。
また、そんなにすきま風がきつかったですか...。

これ以外の路用列車も、どれだけあることやら 調べてみると面白いのでしょうが、検討課題です。
IP記録
Borgen
ボーゲンの世界
隊長
*****
オフライン オフライン

投稿: 3005


違いの分からない人には永遠にわかりえない中鉄ブログを始めました


プロフィールを見る サイト
« 返信 #8 投稿日: 5月 26, 2011, 09:47:37 午前 »

この列車、2010年11月にダイヤが変わっていました。
http://bbs.ourail.com/thread-109479-3-1.html

運行日は月、水、金の週3日
漯河東8:30〜周口9:50〜阜陽西13:13

でも、阜陽からの移動が厳しいのでもう乗りたくないw。
IP記録

中国鉄道倶楽部
http://railway.org.cn/
私の乗車距離は●●万キロです
http://railway.org.cn/borgen/
ページ: [1]
  印刷  
 
ジャンプ先:  

Powered by MySQL Powered by PHP Powered by SMF 1.1.20 | SMF © 2006, Simple Machines Valid XHTML 1.0! Valid CSS!